プロレスはやらせに見える?演出なら何が面白いのか~暗黙のルールは命がけ⁉

プロレスはやらせに見える?演出なら何が面白いのか~暗黙のルールは命がけ⁉

プロレスを初めてテレビで観たとき、それはそれは感動しました。
友達に「あれは、ヤラセだよ」と聞いたときは反動でショックが大きかったことを覚えています。

プロレス好きは言います。
プロレスとは、〇〇だと。

・筋書きのある芸術
・受け身の真剣勝負
・死と隣り合わせのエンタメショー
・やらせだよ。だが、やらせの中にガチがある。
・他のスポーツだってルールがあるだろ?プロレスのルールがブック(台本)なのだ。
・震えるほど感動することもあれば、呆れて唾棄することもある。

みな、一家言があるんですよね。
あなたはどう思いますか?

ピコン!
記事を読むと理解できること
  • プロレスの「やらせ」部分がエンターテインメントとしての魅力を高めている理由
  • プロレスの試合結果や動きが事前に計画される背景とその意味
  • プロレスの演技や動きが「わざとらしい」と感じる原因と、それが観客にとっての魅力

プロレスはやらせ?

プロレスはやらせ?

プロレスというエンターテインメントの世界は、初めて目にしたときの感動とともに、多くの疑問や誤解を生むことがある。
特に「プロレスはやらせでは?」という疑問は、多くの人々の心に浮かぶことだろう。

しかし、プロレスの背後には、筋書きのある芸術、真剣勝負の受け身、そして死と隣り合わせのエンタメショーという多面的な要素が存在する。
この記事では、プロレスの「やらせ」の部分と、それを超えた真実の部分に迫っていく。

プロレスのルールがブック(台本)であること、そしてその中に潜む「ガチ」の部分を理解することで、プロレスの真髄と魅力を再発見する旅に出よう。

プロレスは「やらせ」って本当? では、何が面白いの?

プロレスは、多くの人々にとって単なるスポーツ以上のものです。
実際、プロレスはエンターテインメントの一環として、観客を楽しませるための緻密なストーリーテリングを持っています。
以下に、プロレスの魅力と「やらせ」に関する考察を示します。

  1. プロレスの真実と「やらせ」: プロレスの勝敗は、しばしば事前に決定されることがあります。しかし、これは絶対的なルールではなく、選手のパフォーマンスや観客の反応によって結果が変わることもあるのです。この事前に設定された結果は、試合の興奮を損なうものではなく、むしろその逆。選手たちがどのようにして予定された結果に向けてストーリーを紡ぎ出すか、どのように観客の感情を揺さぶるかという点に焦点を当てることが可能となります。
  2. 真剣勝負と演出のバランス: プロレスはその舞台上でのドラマとアクションによって観客を魅了します。もしプロレスラーたちが真剣勝負をすると、試合は一瞬で終わる可能性があります。これは、観客を楽しませるというプロレスの主要な目的を達成することが難しくなるという事実を示しています。
  3. プロレスの真髄: プロレスの舞台裏では、試合の結果や選手の動きが事前に計画されることがありますが、これは観客を楽しませるための一環です。選手たちの技術や創造性は、単なる「やらせ」ではなく、観客を楽しませるための真剣な努力の結果です。
  4. エンターテインメントとしてのプロレス: プロレスは最強のエンターテイメントとも言えます。ドラマや漫画と同じように、プロレスも観客を引き込む物語があります。その中でのキャラクターやストーリーが観客を楽しませる要素となっています。

これらの要点を考慮すると、プロレスの「やらせ」は、観客を楽しませるための重要な要素であり、それを超えたエンターテインメントの一部であると言えるでしょう。

プロレスはわざとらしい?

プロレスの演技が「わざとらしい」と感じる人も少なくありません。
プロレスの技や動きが大げさであることが、その理由の一つとして挙げられます。

これはプロレスの特性のひとつです。。
あえて大げさに演じることで、観客の感情を高める狙いがあるからです。
実際、プロレスの技の中には、現実的には考えられないようなものも多いです。
それがプロレスの魅力の一つであるとも言えます。

プロレスのあの痛いふりが苦手

多くの人が疑問に思うのが、プロレスラーが「痛いふり」をすることです。
これは単純に痛くないからというわけではありません。

実際、プロレスの技は本物であり、受ける側も相当な痛みを伴います。
ただ、その痛みを大げさに表現することで試合の盛り上がりを作るという狙いがあります。

このように、プロレスの「痛いふり」もまた、エンターテインメントとしての要素の一つであると言えるでしょう。

プロレスってどこまでが演技?

プロレスの試合の中で、どこまでが演技なのかは、多くのファンが気になるところです。

事実、プロレスの試合はシナリオがあることが多いですが、それでも試合の中でのアドリブや、予期せぬアクシデントも少なくありません。
このように、プロレスの試合は、シナリオに沿って進められるものの、その中でのライブ感や、プロレスラーたちの即興の演技も見どころの一つです。

プロレスラーの演技力は、試合の中だけでなく、試合外のプロモーションやインタビューでも発揮されます。
プロレスラーはただのアスリートではなく、エンターテイナーとしての側面も持っています。
そのため、プロレスラーには、技の技術だけでなく、マイクパフォーマンスやキャラクター作りなど、多岐にわたるスキルが求められます。

プロレス 本気でやったら

もしプロレスが本気の格闘技として行われるならば、その結果はどうなるのでしょうか。

実際、プロレスの技は本物であり、本気でやれば相手を傷つける可能性が高いです。
このため、プロレスの試合では、相手を尊重し、技を安全にかけることが最も重要とされています。

プロレスはエンターテインメントとしての側面が強いものの、その背後には、プロレスラーたちの高い技術やプロ意識があることを忘れてはなりません。

プロレスの演出と暗黙のルール

プロレスのマスク

暗黙のルール:選手の安全と観客の楽しさのバランス

プロレス界には、公然とは語られない「秘密のコード」が存在する。
これは選手間の約束事であり、試合の安全性と観客の楽しさを両立させるためのもの。

選手が相手の技をどのように受け止め、試合の流れをどのように作り上げるかは、これらの暗黙のルールに基づいている。
また、選手たちは本気で打撃を加えることは避け、これは選手同士の安全を最優先に考える結果である。

プロレスの「ブック」とは?

プロレスにおける「ブック」とは、試合のストーリーラインや結果、選手間の関係性などを事前に計画・構築する役割を指します。
ブックは、シナリオとも言えます。

具体的には、どの選手が勝つか、どのような技を使ってフィニッシュするか、どのようなストーリーで試合を進めるかなど、試合のシナリオ全体を考える役職です。

ブックの重要性

プロレスはスポーツでありながら、同時にエンターテインメントでもあります。
そのため、ただ技を交えるだけの試合ではなく、背景にあるストーリーやドラマを作り上げることが求められます。
このストーリー作りの中心となるのが「ブック」です。その役割は、観客が試合に感情移入しやすいようなストーリーラインを作り出すことで、試合の興行価値を高めることにあります。

ブックの難しさ

ブックを担当する者は、多くの要因を考慮して試合のプランを立てる必要があります。

選手の怪我の状態、観客の反応、今後のストーリーラインの展開など、多岐にわたる要素を考慮しながら最適なシナリオを作り上げる必要があります。
また、予想外の事態や変更も日常茶飯事で、柔軟に対応する能力も求められます。

プロレスのシナリオ無視

プロレスの試合にはシナリオが存在することが多いですが、時にはそのシナリオを無視することもあります。
これは、試合の進行や観客の反応に応じて、プロレスラーたちがアドリブで試合を進めることがあるからです。
このような場合、プロレスラーたちの即興の演技や、試合の展開が予測できないことが、観客にとっての魅力となっています。

プロレスは命がけよ。本当に。

プロレスはエンターテインメントであるものの、その背後にはプロレスラーたちの命がけの努力や練習があります。
プロレスの技は危険であり、一歩間違えば重大な怪我を負うリスクがあります。
このため、プロレスラーたちは日々の練習やトレーニングを欠かさず、試合の安全を確保するための努力をしています。
このように、プロレスは見ているだけでなく、実際に行うことには高いリスクが伴うものとなっています。

まとめ:プロレスはやらせに見える?演出なら何が面白いのか

  • プロレスは単なるスポーツ以上のエンターテインメント
  • 試合の勝敗は事前に決定されることがあるが、結果は観客の反応や選手のパフォーマンスによって変わる可能性も
  • プロレスの真髄は、選手たちの技術や創造性にあり、単なる「やらせ」ではない
  • プロレスは観客を引き込む物語を持つ、ドラマや漫画と同じ要素がある
  • プロレスの技は本物で、本気でやれば相手を傷つける可能性が高い
  • 試合では、相手を尊重し、技を安全にかけることが最も重要
  • プロレス界には公然とは語られない「秘密のコード」や暗黙のルールが存在
  • 大げさに演じることで、観客の感情を高める狙いがある
  • プロレスの技の中には、現実的には考えられないようなものも多い
  • プロレスラーの「痛いふり」は、実際には痛みを伴うが、その痛みを大げさに表現することで試合の盛り上がりを作っている

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました